ミニマルな人生デザイン

"趣味"について深く考えてみる

今回は、無趣味を「他人」という視点からみてみます。 まず、僕が叫びたいのは、 SNSがなくなったら、趣味持ち人間は90%減少するということです。 これは僕の予測です。 SNSが発達するまでは、趣味を持つ人はあくまで自分のために趣味を楽しんでいました。 …

突拍子ミニマル

あなたは、 「突拍子もないことをしよう!」と思い、実践したことはありますか? 「普段はこんなこと考えないのになぁ・・・」 「この間読んだ本が、『もっと自分を出していこー』みたいなことを言ってたから・・・」 その瞬間、めっちゃ貴重です。 いつもは…

エアー・ミニマル

空気は、経済学では「公共財」と呼ばれます。 非競合性といって、ある人が利用するときに、他の人と争わないのです。 そんな中、あなたの部屋の空気、満足していますか? もし部屋の空気が悪い時は、 エアコンをいいやつに変える 空気清浄機を買う などの選…

プラスをゼロに感じるとき

僕がミニマルを目指す上で気をつけているのは、なんといっても「無駄な買い物」です。 どこまでが無駄なのかということは人によりますが(その基準さえも、時には変革していくのが良いこともあるでしょう)、僕にとっては「3日使わな」ければ無駄です。 これは…

いっそのこと、仕事やめてみませんか?

人間は幸せになるために生まれてきました。 そしてその幸せは、他人を蹴落として感じる快楽のようなものとは全く違う、自分が自分を大切にすることによって感じる深いものだと思っています。 なぜあなたは、泣きながらも歯を食いしばって、その仕事を続けて…

あした、仕事休んでみれば?

今日は建国記念日の代休ということで、多くの人が休みだと思います。 そうすると、ブルーマンデーならぬ、ブルーチューズデー(ブルーチーズみたいですね)になりそうです。 ・・・ズル休みしちゃえば? もちろん、僕が責任をとることはありませんが。 そも…

そんなに働かなくてもいんじゃね?

はっきり言います。 日本人は、働きすぎです。 厚生労働省によると、過労死(例:就業者の脳血管疾患、心疾患等による死亡数)は年間3万人以上いるようです。 なぜ、そんなに働くのでしょうか。 もちろん、生きるためには最低限働かなければいけないと思いま…

未来をムリに考えないミニマル

いま、私たちの生活は、スマホなしでは送れないほどに、「情報化」が進んでいます。 こうなると、100年後、200年後にはどのような変化が起こっているのか、気になります。 もちろん、今のようにスマートフォンを使っているかもしれませんが、それに代わる最…

仮想通貨と労働ミニマル

最近、仮想通貨が話題になっています。 実際はもっと前から存在していましたが、2018年から沸騰してきた印象です。 僕自身、この仮想通貨が普及することによって、労働がマクロな意味でミニマルになってくると考えています。 仮想通貨の利用の目的の一つは、…

"雰囲気代"

僕がミニマルを目指す上で重要視しているのは、「ケチらない」ということです。 具体的に言えば、お金を渋って貧乏くさくならないようにしています。 例えば、コーヒーショップで作業したい場合。 安さのみを重視すれば、100円で「入店」することができます…

生まれてきたことが失敗

これは、最近僕自身がメインで考えているテーマです。 多くの人は、仕事や恋愛などで、「失敗したらどうしよう」と不安になったことがあるでしょう。 もちろん、プレッシャーを一定程度感じることは、むしろパフォーマンスを高めることにつながりますので、…

かっこつけるのではなく

ミニマルを目指す人に対して、一部の人は「かっこつけている」と思っているかと思います。 モノが少ないことを見せつけようとしている、みたいな感じですね。 しかし、ミニマルを目指すのは、モノが少ないことを自慢するのではなく、モノが少ないことを誇り…

シェイク!ミニマル

例えば、あなたは「シェイク」を飲みますか? シェイクって、いい響きですよね。僕だけかもしれませんが。笑 飲み物だけでなく、様々なフレーバーの粉をフライドポテトの袋に入れてシェイクするのは、食べる前から楽しいですよね。 私たちの生活にとって、「…

マイナスのその先ミニマル

僕自身がミニマルを目指す上で大事にしていることの一つに、「2段階」があります(場合によっては3段階以上にもなります)。 例えば、ちょっぴり喉が痛いとき、のど飴を買ってみるという選択肢があります。 こののど飴という選択は、金銭的に見れば絶対的にマ…

切り替えなくてもいいというミニマル

今日、カフェに入って、早速Wi-Fiを使おうとしました。 すると、普段はまったく問題ないのですが、今日に限って具合が悪いようでした。 しかし、Wi-Fiがあまり調子が良くないこと自体、店員さんには全く関係のないことです。 ここで、怒り感情を喚起させるか…

人と比べる生き方。いいじゃん。

私たちは、外部の情報に惑わされる習性をもっている気がします。 流行りの店でパンケーキを食べたり、みんなが観ている映画を観に行ったり。 そんななか、よく言われるのが、「人と比べるな」という一言。 なんで?なんで人と比べちゃいけないの? 私たちが…

自分なりのdを持っているか?

例えば、全く混んでいないのに、店員が出てくるのが遅いカフェがあります。 99%注文を考えていたとしても、僕はその店を出ます。 人はそれを、「気が短い」「怒りやすい」と言いますが、その人の基準で短いかどうかを決められる筋合いはありません。 これが…

平均の真実

J-POPが要するに言いたいことを集約すると、「大勢の意見なんか気にしないで自分らしく生きよう」になると僕は思っています。 これは逆に言えば、現代人のほとんどが「大勢の意見なんかを気にして、自分らしく生きることができていない」ことを指しているの…

注目とは差である

僕がミニマルを目指す上で気をつけているのは、なんといっても「無駄な買い物」です。 どこまでが無駄なのかということは人によりますが(その基準さえも、時には変革していくのが良いこともあるでしょう)、僕にとっては「3日使わな」ければ無駄です。 これは…

あつい!

なぜ私たちは、誤ってやかんに触ったり、銭湯に入ったりした時に「あつい!」というのでしょうか。 夏の暑さとは違い、何か「突発的な」ものを感じます。 小さい頃は、何かに夢中になって、もちろんそこに意味など見出そうともしなくて、ひたすらものを書い…

ミニマル≠ゴール

今回は、僕自身が陥ったことのある大失敗談を話していきます。 当時の僕は、ストレスから、「モノを捨てること」がある種趣味のようなものになっていました。 ところが、モノを捨てることは趣味にはなりえません。 燃えるごみの日に燃えるごみを整理して捨て…

あえて餅食わねぇよっていう判断

新年おめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 さて、今年もミニマルを目指していきたいと思っているわけですが、 僕にとって、ミニマルとは一定の情報遮断です。 普通、正月には餅を食べます。 でも、文化によってはそもそも餅を食べない人々も…

ミニマル≠自己チュー

例えば電車の座席が一つしか空いていないとき、 来た電車の、降りる客を待たずにダッシュで車内に入れば、座って体力を回復することができます。 立ちっぱなしでエネルギーを消費するよりも確実に「望ましい」です。 コストをかけずにミニマルを目指すなら、…

モノに焼きもち

私たちが部屋を「ミニマル」にするとき、よく聞くのが 「いるものいらないものボックス」です。 でもよく考えれば、いきなり他の人の部屋のモノをたくさんもらっていない限り、 最初はすべて「いるから買った」のです。 そんな中、改めてクローゼットを眺め…

自分流を捨てミニマル

最初に、あなたにお聞きしたいことがあります。 ミニマルって、自分流だと思いますか? 自分なりのスタイル、好きな置き物、部屋、食器、などなど•••。 しかし、誰かの部屋が100%オリジナルだということは、絶対にありません。 ミニマリストという言葉が出始…

ミニマルを支えるもの

僕がミニマルを目指す上で一番気になっているのは、「モノの代わりに何が自分を埋めてくれるのか」です。 もちろん、一概にそうではないとは思いますが、モノが多い、というより多すぎる人は、独りぼっちなのです。 社会的に周りに人がいても、家に帰れば独…

ベストかベターか

極端に自分と性格が合ったり、極端な美貌を持っていたりする人と会う可能性は、一体どのくらいなのでしょうか。 僕が思うに、それって20%くらいです。 意外に高いと思われたかもしれません。 しかし、問題は、自分自身を客観的に分析できているか否かです。 …

季節を創るミニマル

日本人にとって、とても充実した日々を過ごす上で不可欠なのは「季節」です。 春には春の、秋には秋の味覚があり、旬の食材の中には安価で手に入るものも多いです。 旬ですから、ふつうに美味しいです。 そして、ミニマルを目指す上でもう一つ挙げておきたい…

《祝100日目》ミニマルは数値化できない

おかげさまで、連続100日投稿を達成することができました。 ちょうど勤労感謝の日で、なんだかイイ感じですね。 今回は、「数値化できないミニマル」について書いていきます。 ここでの数値というのは、私たちにとって最も身近な数である「お金」です。 例え…

歴史ミニマル

私たちが何か行動を起こす前に、「失敗する必要のない失敗」は避けたいものです。 僕自身の考えでは、失敗には積極的なものと消極的なものがあります。 積極的な失敗は、「やらなきゃよかったな」と後悔しつつも、確実にその失敗から教訓を得る場合です。 例…