ミニマルな人間関係

一番ダメな「高」とは?

昨日は2月22日で「猫の日でしたね〜」と言われた人(言った人)も多かったと思いますが、何と答えましたか? その時の反応が、あなたの日常生活を表しています。 僕が思うに、人間関係において一番ダメな態度は、 お高くとまっていることです。 どんなに実力…

フレンドレス・ミニマル

100人の友達と山の頂上でおにぎりを食べることについて考えてみます。 見栄で作った友達、無理やり増やしたフォロワー。 本当は利害関係が生じるはずもない友人関係に、がっつり利益と損害が絡まる最悪なケースがあります。 よく、「恋はするものではなく、…

いっそのこと、人間関係全部捨てませんか?

人間の悩みの9割は「人間関係について」なんて言いますが、 僕は、10割そうだと思います。 どんなに楽しいバーベキューも、来るはずだったあの子が急遽バイトで来られなくなったと聞いた瞬間に、肉の味がしなくなります。 どんなに寒い空の下で行列に並んで…

はがきミニマル

携帯電話のメール機能、そして、スマホのメッセージアプリを利用しない人は、果たしてどのくらいいるのでしょうか。 それほどに、私たちの意思疎通の大部分は、デジタル化してきています。 おそらく、現代の若者(僕もですが•••)は、スマホを取り上げられたら…

既読スルーの深淵

将来、紙幣や硬貨以外の何かが、モノとの交換手段としてメジャーなものになるのは確実です。 そして、かなり高い確率で、それは「目に見えない」でしょう。 私たちは目に見えない情報というものに段々と慣れてきました。 この手で打ち込む情報は、何の根拠も…

他人の目線を気にしてみニマル

ミニマルな人間関係を築きたい人が、なぜ、そういう人間関係を築きたいと思ったのか。そのきっかけは何なのでしょうか(自問自答も含めて)。 それはおそらく、最初は大勢でいることを望んでいたけれど、結局はその集団のひとりひとりのエゴが浮き彫りになっ…

トークだけは・・・

大晦日の今回は、ミニマルについて改めて考えるべきことについて書いていきます。 僕がミニマルを目指す上で一番困難なのは、 ズバリ、トークです。 困難というよりも、人間の最も奥底に存在する本能をおさえることができないということです。 私たちは、「…

マスクせずに咳をする街

これ見よがしに、マスクをせずに、咳をする人がいます。 僕にとっては、もはや宇宙人です。 咳を手で覆う時、そのウイルスたちは左右にいる私たちのところに飛んでいきます。 そういう人に限って、注文の遅い店員には横柄な態度をとります。 ほとんど完全比…

手書きミニマル

あなたは、最近「手書き」しましたか? 今は、もはやスマホに文字を打たずとも、音声入力さえできるようになっています。 この前もついつい「今って平成何年だっけ?」なんて聞いてしまいました。 さて、この記事のカテゴリーを「ミニマルな人間関係」にした…

理想という危険

「この人が理想だと思いました」と声高に叫ぶ人の目が、時折血走って見えることがあります。 理想とは、過去を現在から見たときの評価だと僕自身は考えています。 時々、いま会ったばかりの人に対して「理想の人だ」「運命だ」と言うことがありますが、僕は…

気弱な人ミニマル

突然ですが、あなたは気弱な方だと思いますか? もちろん、この記事を読んでくださっている今、ひとりだと思いますので正直にお答えくださいね。 僕は、やや気弱なのかなーと思います。たまに猛烈に強気になったりして(「気強」って、言わないですよね笑)、…

ミニマルマグネット

例えば、あなたが半年前にハマっていたもの、よく行っていた場所は何ですか? そして、それは、今も愛用していますか? おそらく、多くの場合、見向きもしていないと思います。 人間関係においても、半年前までは慕ってくれていた後輩が、全く見向きもしてく…

ミニマルメール

あなたは、どちらですか? [A]メールは、すぐ返信する [B]メールは、すぐには返信しない 僕がミニマルを目指す上で目指すのは、 [C]メールの返信のスピードで、テンションを伝える ということです。 まず、この前提として、常に僕自身が「メールをすぐに返信…

寂しさミニマルつづき

人は、気をつけないと「寂しさマキシマム」になることがあると思います。なんとなく、わかりますよね? 僕自身、「会っている時には『早く帰りてー』とか思う癖に、別れた瞬間に寂しくなる病」です笑 心理学では、所属仮説(belonging hypothesis)というもの…

落ちるべき恋に落ちる心地よさ

私たちが日々の仕事に忙殺されていると、常にアタマで考えることになります。 仕事が大好きで、仕事が生きがいである人を除いて、ほとんどの人にとってそのような生活はミニマルではありません。 僕自身の表現でいうと、ミニマルな状態とは「あらゆる情報の…

かわいい子に旅をさせない方法その2

しかし、ミニマムな人間関係は、マイナスをゼロにする分、プラスもゼロになることを覚悟しなければなりません。 これは、ネガティブな意味で述べているのではなく、「覚悟がある人」ならば選択してもよいのです。 他の人から受け入れられる考え方かどうかを…

かわいい子に旅をさせない方法その1

ミニマルな人間関係を築くにあたって、僕自身が恐れていることがあります。 それは、「親しくなった人が犯罪に巻き込まれることに異常に過敏になっている」ということです。 どういうことか、説明します。これは、人と人との距離関係の話です。 例えば、「僕…

人は、本当に、自分がよければそれでいいと思っている生き物。その2

集団を形成する最大のモチベーションは2つに分けられると思います。 【1. 集団に入るのが好き。それだけ。】 ワイワイ騒ぐのが好きな人は、とにかく集団を探し求め、積極的に入っていきます。 よって、その人にとっては、集団に所属した時点で目標が達成され…

人は、本当に、自分がよければそれでいいと思っている生き物。その1

ミニマルな人間関係を築きたい人たちが、なぜそのように思ったのかについて考えを巡らせてみると、おそらく、 最初は大勢でいることを望んでいたけれど、結局はその集団のひとりひとりのエゴが浮き彫りになったことに嫌気がさしたからだと思います。 まず、…

あなたが手をさしのべるタイミングはだいたい間違っている

誰かにサポートをするという場面において、必ず考えておかなければならないことがあると思います。それは、 サポートをする余裕が、あなたにあるということです。 思い返してみれば、僕自身も、誰かにサポートする気が起こるのはだいたい、 好きな女の子と話…

本当に大切にすべき人が言う一言とは?

同じ言葉であっても、誰が言うかによって、その意味は異なります。 これは、「誰が言うか」という単層的なものだけではなく、 「誰が、誰に言うか」という、重層的なものです。 あなたにとって、本当に大切にすべき人は、 「(あなたの)着ている服、あんま…

本当に大切にすべき人が言わない一言とは?

ミニマルな人間関係を築き上げていく時に、大切にすべきは「その人がしゃべっている言葉」です。 もちろん、通常は気づかない場合が多いのですが、僕の経験上、大切にすべき人が言わない一言があります。 ちなみに、誰にとっても大切な人は、いないと思って…

自分自身をコントロールすることができればこんなに面白いことはない

ひとは、なぜか、他人をコントロールしようとします。 「意中の相手が自分に振り向きますように」 「部下(上司)を上手く操る方法が知りたい」 「嫌な人間を追放したいんだが・・・」 誰かが誰かを洗脳したというニュースは、ワイドショーで興味深く取り上…

なぜ、過敏な人は大器晩成的に幸せなのか?

僕自身のことを告白すると、対人関係はあまり得意な方ではありません。 「ミニマルな人間関係」を目指しているのは、積極的な意味ではなく、自分自身が苦手な人間関係から逃げたいだけなのかもしれません。 そして、その原因として自分が思っているのは「過…

卒業アルバムという「害」

私たちは、よほどのことがない限り、今も「卒アル」を持っています。大掃除をした際などにはついつい眺めてしまう、その「卒アル」です。そこには、無邪気な笑顔の過去の自分がいたり、ずっと好きだったあの子の初々しい表情が見られたりするわけです。 そん…

要請を断るとは

突然ですが、僕は要請を断るのがちょっぴり苦手です。 特に、自分が好意的に思っている人からの要請は断りにくいですね。 ところで、要請とはなんなんでしょうか。 あなたが好きでやっていることは「自分発信」です。当たり前のことですが、「他者発信」では…

咳がうるさい人とは友達になれない

突然ですが、僕は「大きな音」がとても苦手です。聴覚過敏なんじゃないかと思うくらいです。 たとえば、カフェで思いっきり咳払いをする人。彼らはおそらく、自分自身が隣の人から思いっきり咳払いをされても気にならないのでしょう。 それは、「咳払いをす…

関係ないよね

ミニマルな人生を歩んでいく上で一番大事なのは、 他人の人生に干渉しないこと これに尽きると思います。 ある若者が、「アメリカに行ってビッグなドリーム叶えたい!」と言った時、たいていの人は「時期尚早だ」とか「ムリだ」とか言います。 そういうこと…

なぜ、キーボードをばちゃばちゃ叩かない人は信用されるのか?

こんにちは。書籍化に近づいているminipsyです。今日も、あなたの心に刺さる一言が書けるように、頑張っていきたいと思います。 突然ですが、僕がこの世で一番キライなことの一つに、 キーボードをばちゃばちゃ叩くという行為があります。 今あなたの目の前…

「ミニマル」の最大の敵

こんにちは。書籍化に近づいているminipsyです。今日も、あなたの心に刺さる一言が書けるように、頑張っていきたいと思います。 早速ですが、あなたはいま、「孤独」ですか? 「孤独」とは、単に独り身か結婚しているかとか、友達が多いか少ないかとは関係あ…