関係ないよね

 ミニマルな人生を歩んでいく上で一番大事なのは、

 

 他人の人生に干渉しないこと

 

 これに尽きると思います。

 

 ある若者が、「アメリカに行ってビッグなドリーム叶えたい!」と言った時、たいていの人は「時期尚早だ」とか「ムリだ」とか言います。

 

 そういうことを言っている人は、ふかふかのソファにどっぷりハマった状態です。

 

 ここまでは、どの自己啓発本にも載っています。要するに「他人の言葉なんか無視していい」的な感じです。

 

 ところが、ミニマルな人間関係を(再)構築していく上で最も必要なのは、

 

 っていうか、別にそいつがアメリカで大失敗しても、オレには関係ないよね

 

 という視点です。

 

「そんなこと言うなんて冷たい!」

 

 と思ったあなたは、もうこの時点で僕の意見に干渉し、自分の人生を生きていないかもしれません。

 

 別にminipsyがどう思われても、オレには関係ないよね

 

 って思えばいいのです。

 

 私たちは、他人の人生を心配するフリをしている時間だけ、自分の人生について真剣に考えることを中断することができるのです。