かわいい子に旅をさせない方法その1

 ミニマルな人間関係を築くにあたって、僕自身が恐れていることがあります。

 

 それは、「親しくなった人が犯罪に巻き込まれることに異常に過敏になっている」ということです。

 

 どういうことか、説明します。これは、人と人との距離関係の話です。

 

 例えば、「僕」は男性とします。知り合う女性をAさんとします。

 

【1. 僕がAさんと全く知り合わないケース】

 この場合、僕がAさんのことを知るとしたら、「メディア」を通じたものとなります。つまり、「被害者としてのAさん」で知るということです。

 

 旅をした結果(人生を生きている間に)、何かしらの犯罪に巻き込まれるということです。

 

 ここでは、僕が感じる「悲しみ」というのは、あくまでひととして、一人の人間として、「気の毒に・・・」と思うことになります。非情かもしれませんが、それ以上に何かを思うことはありません。

 

 というよりも、不特定多数の人間のそれぞれに共感をしていたら疲れるため、脳があえて無視をしているような状況だと言えます。

 

 親しくなっていない人には共感をしないというように、脳がプログラミングされているのです。

 

【2. 僕がAさんと親しくなったケース】

 僕がAさんとなんらかの状況で出会い、会話をし、親しくなったとします。

 

 僕がAさんと親しくなればなるほど、僕はAさんのことを他人とは思えなくなります。

 

 人間関係を広げていくというのは、「他人とは思えなくなる人」を増やす作業にほかなりません。

 

 この場合、2種類の視点で、「被害者としてのAさん」になってしまう可能性が増加します。

 

[1] 単純に、他人とは思えなくなる人が増えるため、その分、自分の周りに「犯罪に巻き込まれる人」が出てくる可能性が高まる

 

[2] Aさんと親しくなればなるほど、いざAさんが被害者になった時のショックが大きくなる

 

 よって、もし僕が被害者であるAさんに悲しまないようにするには、Aさんと親しくならない、つまり、誰とも親しくならないという方法が最も合理的です。

 

 これが、「ミニマム(×ミニマル)な人間関係」です。