手帳をあえて持つ選択

最近は、色々手書きで書き足せる手帳を持つ人が少なくなってきたように思われます。

 

スケジュール管理はもっぱらスマートフォンで、という人が増えたのかもしれません。

 

近々、大事な予定を控えているのですが、スマホ、つまりデータ上で予定を入れておいても、なかなかリアリティがなく、前日になってようやく「あ、明日はいよいよあれか・・・」と思い出したかのように思うことがあります。 

 

なぜかを説明するのは難しいですが、紙媒体の手帳紙の方が、予定というか「前後感覚」をつかみやすいのです。「左右感覚」と言った方が個人的にしっかりきます(カレンダーの並び的に)。
 

どんなに電子書籍が流行し、クラウド化が進んでも、紙の手帳じゃないと・・・という人も多いかと思います。

 

例えば、雨に濡れた時、

 

スマホはデータが全て消えます。

 

しかし、

 

手帳は、かえって味わい深い戦友になります。

 

使っても使っても、スマホは画面が綺麗なままで、ビンテージ感は一切出てきません。画面が割れているのは、単に管理能力が不足していることを示しているに過ぎません。

 

手帳は、丁寧に使っていると、馴染みます。予定が過去になっていく様子を、肌で、指で、感じることができるのです。