安すぎるペンの罠

どんなに電子化が進んでも、いまだに必要なのが「ペン」です。

 

なかでも、婚姻届を書くとき、履歴書を書くときなどは、真剣な思いを込めるために、ペンを持つ手にも力が入ることでしょう。

 

そんなペンですが、100円均一ショップに行けば、1本100円どころか、10本単位で売っているところもあります。

 

これを「大盤振る舞い」と捉えるかどうかなのです。

 

僕自身は、一時期このようなペンを使っていたことがありましたが、大きなことに気づきました。

 

描きにくい。書きにくい。イライラ・・・

 

安価なペンに、自分の時間と感情を奪われている感覚を覚えました。

 

そして、私たちは、安く買ったものほど、大事に使わないという「習性」を持っています。

 

最後の最後、書けなくなる短さまで使っていた鉛筆は、好きなあの子からもらったキャラクター鉛筆だったことを思い出す必要があるのです。

 

本当に大事な書類を書くときだけでなく、常日頃から使うペンたちに使うお金を100円だけ増やしてみてください。

 

大げさではなく、世界が変わると思いますよ。