確証を得る前に動け

私たちは、しっかり準備してからでないと行動したがりません。

 

そうしないと、不安なのです。

 

しかし、そもそも「しっかり準備」の基準って、何なのでしょうか?

 

言い訳に使われているケースは果たしてないのでしょうか?

 

その一方で、全く準備していないにもかかわらず、私たちはたくさんの行動を取っています。

 

この違いは何なのでしょうか?

 

まず、「しっかり準備してから」と思うのは実はオモテのもので、実は「やりたくない」と思っているのでは?というのが僕の考えです。

 

「しっかり準備」という概念があまりにも曖昧なので、いつまでもそのカードを使うことができます。

 

「まだ4月で忙しいから」と言うひとは、おそらく1月の時点で「年始で忙しい」、2月3月は「年度末で忙しい」と言っているはずです。

 

他方、準備せずにやろうとすることは、「好きでやっていること」だと考えます。

 

雪が少ないのにボードをやろうとするのは、まさに「しっかり雪が積もっていなくてもやりたいからやるぜ!」という気合、気持ちです。

 

「準備しないと」と足踏みするかしないかで、その行動に対する好き嫌いがわかるのです。