ペーパーレス・レス・ミニマル

最近は、ペーパーレス化が進んでいき、中学生がiPadを学校されるような時代になっています。

 

紙の消費量は、だんだんと減ってきています。

 

しかし、今回のテーマはペーパーレスではなく、「ペーパーレス・レス」です。

 

例えば、全ての資料をタブレットで管理する時代が来たとします。

 

ある程度は便利でしょうし、環境問題にも寄与しそうです。

 

ただ、

 

もしかしたら、今後「文字をまともに書けない人間」が増えていくのではないでしょうか?

 

普段パソコンしか使っていない人が「あれ?これって漢字でどう書くんだっけ?」と思うことはあるあるですよね。

 

それがそのうち、「でもパソコンでしか入力しないからいいか」と疑問なく思うようになるでしょう。全ての人間が。

 

これは、人類が生み出した「書く」という文化を自ら風化させていくことにつながりかねないと思います。

 

自分の手で書くという行為は、少なくともペーパーレスとの並行というカタチで残していくことが必要なのではないでしょうか。