結局何をすればモテるのか?

私たちは何のために生きているのかを考えると、その答えはだいたい「人間関係」カテゴリーに入るものになります。

 

例えば、子どもは、したくもない勉強をしてテストで100点を取ることで何を目指しているのでしょうか?

 

それは、よしよしです。

 

お母さん(なぜか知らないけどお父さんではない)のよしよしが欲しいから、100点をとります。

 

私たちが追い求めるのは「どうすれば好きなあの人に愛されるのか?」「どうしたら自分はモテるのか?」という、

 

極めて自分勝手、かつ幼稚園児みたいなものなのです。

 

私が見る限り、本当のモテ男・モテ女は、その欲求に忠実です。

 

モテたいからおしゃれをする

カッコよくなるorかわいくなる

モテる

 

モテたいからコミュニケーション術を向上させる

会話がうまくいく

モテる

 

どれも当然の帰結です。

 

はっきり言って容姿や身長などが大きな影響を与えているのは事実ですが、それはあくまで「遠くから見ていたとき、それくらいしか情報量がないから」です。

 

見た目は、とっかかりなのです。

 

そして、本当にモテる人は、依存していません。

 

なぜ依存していないかと言えば、「視野が広い」からです。

 

視野が広いということは、時々喋る人や、ご飯に行く人に「ちょっぴり依存」をほんの一瞬だけすることができるということです。

 

一瞬の会話会話で自分を出すことによって、長期的に1人の相手にのめり込むことを防ぐことができるのです。