読書・レス・ミニマル

突然ですが、私は、・・・

 

読書が大好きです(※誤植ではありません)。

 

しかし、誰かにいきなり「これオススメの本なんだー」と言われて読むことを強制されるのはキライです。

 

この違いはどこにあるのかを考えると、明らかに「自主性」です。

 

自分が読みたいときに、読みたい本がそばにある、という状況を作るために私たちは本を買います。

 

そうでなければ、単なる紙の束を、数百円あるいは千何百円で購入するなんてことはありません。

 

さらに、単に読むだけならば図書館で十分です。

 

いろんな書籍で、「読書すること」が勧められていますが、それは「本を読むことが絶対的に良いから」ではなく、「もっと本を買ってもらって印税を落として欲しいから」かもしれません。

 

さらに、自ら本を書くくらいですから、本好きなのは明白です。

 

ひとは、自分が趣味としてもっていることを、「好き」以上に「必要」「重要」「やっていないやつはバカ」と思う傾向にあります。

 

「読書は良い」という情報に、たしかに良いとは思いつつ、流されないようにしていく必要がありそうです。