逆接とは論理の力である

あなたはどのくらい、軽はずみに「でも」と使っていますか?

 

そしてその「でも」で、友達を不快にさせていることに気づいていますか?

 

辞書で「逆接」について調べてみると、「Aと、それにつづくBがあるとき、Aから予想できない結果が結びつけられる」場合みたいに書かれています。(改めて、知ってるつもりの言葉を辞書で調べると勉強になりますね〜)。

 

これを対人関係に落とし込んで考えると、「相手が考えることとは異なることを言う」こと、と言えるでしょう。

 

私たちが日頃出会う人の中には、「とにかく自分の知識をひけらかしたい人」がいます。

 

彼らは、自分の知識を披露すること(だけ)が目的になっているので、他の人の話をほとんど聞いていません。いや、聞いてはいるんですが、

 

それはあくまで「自分の話をいつできるか」を判断するためです。

 

そして、「ここで入れるな」と思ったところで、「でもさぁ・・」みたいな感じで話に介入します。

 

これが、NGな逆接の使い方です。

 

つまり、相手の考えていること、話したいことのつづきとして、相手が考えていない角度からの発言が裏目に出ているのです。なぜこれがキケンなのか?それは、

 

話に割り込んだ本人にとっては、違う話ではないからです。

 

話に途中から介入する人の頭の中では、どんな形であれ、その直前の他人の話と何らかの因果関係や関連性があるのです。

 

だからこそ、「自分が変なことを言ってしまっていること」に気づかないのです。

 

私は、どんなに自分の意見が正しいと思っていて、それが仮に真に正しかったとしても、会話にはマナーがあるということを忘れてはいけないのと思います。

 

親しくない仲にも、当然のルールがあるのです。