クレヨンを使ってみる

幼稚園・保育園にあって、オフィスにないものはな〜んだ?

 

「幸せな空気」ですかね。

 

私たちは、オトナになるにつれ、「しなくなってしまったこと」が増えます。

 

昔はみな、画用紙にクレヨンで、何の意味もない絵や、誰にも似ていない親の絵を描いていました。

 

子どもたちは、とにかく夢中でやります。

 

なぜ、夢中でやっていたのでしょうか。それは、

 

他にやることがなかったからです(バッサリ)。

 

 

本来、オトナたちは、意味のないことを嫌います。

 

 

ところが、その「意味がないか」の基準は、実は意外と恣意的に決まっているのです。

 

あなた自身が意味があると思ってやっていることも、周りからしたら「あんなに上司に媚を売ってもしょうがないよ」とか、「定時に帰るなんて嫌われちゃうよ?」なんて思われているかもしれません。

 

そこで必要になってくるのは、「一見、無意味に見えること」をやってみることです。

 

無意味とは、解釈であり、事実そのものではありません。

 

例えば仕事を2日やるのと1日仕事して1日休むのを比べた時、一見前者の方が良さそうですが、後者の方がはかどるかもしれません。

 

しかし、今述べたことはあくまで解釈ですから、前者の方がはかどる場合も大いにあります。

 

クレヨンで画用紙に絵を描くその行為が、仕事につながることもあるでしょう。

 

そして万が一つながらなかったとしても、無意味かどうかは死ぬまでわからないのです。