引き止め会話量・レス・ミニマル

あなたは、ふと道で知り合いに会った時や、お気に入りの店員さんに話しかけたい時、何のマナーもなしにべらべら話したりはしていませんか?

 

それ、嫌われますよ。

 

あなたが話しかけるほんの0.0001秒くらいまで、その人はその人の行動パターンを考えながら動いていたはずです。

 

例えば、トイレを我慢して、駅のトイレに行き、ちょうど電車に飛び乗ることを計画していたかもしれません。

 

お客さんが死ぬほど並んでいるのをさばくために、3つ目のレジを解放しに行く予定だったかもしれません。

 

しかし、滅多に会わない、あるいはその場所(その店員さんが働いている場所)にあまり行く機会がない場合は、どうしても話したくなる気持ちもわかります。

 

そこで思い出していきたいのは、Twitterです。

 

相手の行動を遮る会話は、140文字以内を心がけましょう。

 

予定がある相手にとって、その行動を遮られる話は、短ければ短いほどありがたいのです。

 

なぜなら、特に目上の人間に長々と話されて、それをさらに遮ることは普通憚られるからです。