「ひとくちちょうだい」をやめなさい

あなたは、隣の友達が食べているカキフライ定食があまりに美味しそうで、自分の唐揚げ定食のうちのひとつを交換させようと思ったことはありますか?

 

これは、僕自身の考えで言えば「正当な交換」です。

 

一方、あなたは、自分の定食のいっさいを犠牲にすることなく、隣のカキフライを「ひとくちちょうだい」と軽々しく言ったことはありますか?

 

ちなみに、

 

僕は、あります。そして、死ぬほどイヤな顔をされたのは一生忘れません。

 

おそらくそれは、「唐揚げがキライだから」ではなかったでしょう。

 

唐揚げの気分だったかもしれません。

 

一番重要なのはそんな食の好みではなく、「自分が状況をコントロールできているか」なのです。

 

食べる順番や、このカキフライはソースであれはタルタルソース、みたいな味付けまで、決めて食べている人も少なくありません。

 

逆に、自分自身が「交換したい」と思っている場合、食べる順番の中に交換されたカキフライをあらかじめ入れることができているので、相手のコントロールにまで心が行き届かないのです。