ビュッフェ・レス・ミニマル

朝食バイキングとサラリーマンの飲み会の共通点は何でしょう?

 

それは明らかに、「食べ物が余る」点です。

 

誰一人として、残り一つの唐揚げに手をつけないのです。

 

店員がサッと入ってつまみ食いしてもわからないくらい、完食に無頓着な場と化しています。

 

食の飽和が起こっている先進国において、ビュッフェに足を運ぶ人々の中には「元を取る」ことを目標にしている人が多いです。

 

しかし、なぜ元を取ろうとするのでしょうか?

 

「満腹になる」「好きなものを好きなだけ食べる」のであれば楽しいです。

 

満腹は、winwinだからです。

 

しかし、「元を取る」という鬼の形相は、誰も楽しくありません。

 

食は楽しむものでは必ずしもありませんが、苦になってもいけないような気がします。

 

肉がガムみたいでも、友達と注ぎ放題のメロンソーダを飲み、はやくも白飯食べ過ぎてお腹いっぱいになっても、思い出に残れば良いのです。