他人情報・レス・ミニマル

情報化社会を一言で表すと、「目に見えないものの集合」です。

 

そして、現代社会に生きる私たちは、「目に見えない情報」というものに段々と慣れてきました。

 

私たちがスマホやPCで打ち込む情報は、何の根拠もなくインターネット上にアップされ、誰もが見ることができるようになります。

 

これまでの長い歴史の中では、恋文を一生懸命書いて、郵便などで送って、それでも返事が(一回でも)なければ、基本的には人間関係は終了ということになります。

 

しかし、現代では、あまりにも情報の手段が簡便になっているため、「返事をすること」にも大きな価値が見出されなくなっているのかもしれません。

 

既読スルーされた理由が、昔よりも多様になっているのです。

 

手紙は、9割以上、既読スルーです。よほど外見が気持ち悪いものでない限り、読まれてはいます。しかし、手紙を送った人にとっては、読んだかどうかはわかりません。返事の有無などによって、タイムラグを挟んで知ることになります。

 

一方、SNSや、スマートフォンのメッセージは、既読スルーされる確率は未知数ですが、送信者にははっきりわかります。

 

既読スルーされても、人間関係はスルーされていないのかもしれません。

 

むしろ、既読スルーするということ自体が、人間関係の質の高さを表していることさえ、ありえます。

 

私たちは、自分が主体となって行うことは意外と忘れやすいですが、自分がされたことは鮮明に覚えていたりします。

 

自分の既読スルーの数を数えている人はいませんが、好きなあの子からされた既読スルーは、忘れないのです。