とにかく半熟たまご乗せよう。

私たちの日常生活に彩りを与えるのは、文字通り「色」です。

 

例えば、普段欠かせない食事について。

 

美味しい食べ物は、現代ではほとんど茶色がかっています。

 

例えば、普段の生活について。

 

空は青いのに、なんだか暗い色の生活をしているような気がする。

 

こんなときこそ、半熟たまごっしょ。

 

半熟たまごは、みんなを笑顔にすることができる、天使のような存在。

 

あなたも、何度も助けられてきたのではないでしょうか?

 

例えば牛丼に半熟たまごがいるかいないかで、午後のテンションは全く違います。

 

ここでポイントなのは、半熟たまごから得られる幸せは圧倒的に「100円以上の価値がある」ということです。

 

彩りが元気を与えてくれ、食することによって美味しさを感じ、かつ完全栄養食のため、カラダも喜んでくれます。

 

だから、

 

ハンバーグとか牛丼とかラーメンとか頼む際には、ケチらずに追加注文しましょう。

 

僕らを幸せに導いてくれる半熟たまごは、自然界からの贈り物です。

 

自ら不幸自慢をする人生と、半熟たまごを我慢しない人生、どちらがいいですか?

 

トッピングが人生を変えてくれるなんて、これほど嬉しいことはないですね。