心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

人間関係ミニマリスト

「ワタシ」はあなたの鏡。

今回は、ミニマルな人間関係の中でも「自己からの発信」について考えていきます。 ここでいう「ワタシ」とは、「私が自分に対してどのように考えているか」を指します。 「ワタシ」は、怒っている。 「ワタシ」は、泣いている。 これらの感情は、本当であれ…

期待値を下げまくれ。

そもそも私たちは、いつから、他人に期待するようになったのか? この答えは明確です。 産まれた直後からです。 赤ちゃんは、自分の力で食料を獲得したり、いきなり立って移動したりすることができません。不可能と言って良いでしょう。 しかし、赤ちゃんは…

「過敏であること」を誇ろう

「ミニマルな人間関係」とは、人間との上手い付き合い方ではなく、「人間関係との上手い付き合い方」です。 すり合わせるのは他人ではなく、「他人との距離」。 なぜなら、人間関係に悩む人の多くが、「過敏さ」を持っているからです。 友人が言ったちょっと…

幸運は対人関係の鏡

誰でもすぐに理解できるのに、実戦となると急に忘却してしまう真実があります。 それが、「幸運は対人関係の鏡」という原則です。 幸せになるためには、何かしらのチャンスを掴む必要があります。 チャンス(ピンチの形でやってくることもありますが)は、幸…

徹底的にアポを取ろう。

ミニマルな人間関係を築いていく上で忘れてはならないのは、「相手のことを慮る」ことです。 ここでの相手とは、不特定多数の知らない人たちではありません。 その不特定多数の人々から、あなたが厳選した人たちです。 元々の性格こそ違っても、彼らとあなた…

コミュニケーション貯金

今回は、対人関係におけるかなり実践的な方法をお伝えしたいと思います。 私たちがミニマルな人間関係を目指す上で重要なのは、「一緒に過ごしたい人と最大限の時間過ごすために、他の人たちとは最小限の時間にとどめる」ことです。 今回はこのうちの後者、…

「正しい」ムカつき方。

今朝も優雅にカフェでコーヒーを飲んでいたところ、大学生二人がこんな話をしていました。 「バイト先でムカついた」「先輩にムカついたわ〜」 あぁ、人間やってんなぁ、と思いました。 と同時に、人間はなぜこんなにもムカつきやすいんだろうと考えました。…

本心を探れ。

あらゆる言葉を使って、あらゆる記号を使って、相手の本心を探ろう。 経済的な利益を求めて付き合っているのか。 共同体の中に身を置きたいから所属しているのか。 ただ単に、ショッピングモールに一緒に行けるからついてきたのか。 相手が何を好きなのかを…

周りの目を、気にしない。

「周りの目を、気にしない。」 これほど簡単に、自分の人生を生きる方法はない。 どの方角を向いても、どの邦楽を聴いても、要するに「周りの目を、気にしない。」と言っている。 しかし、東野本人が「周りの目を、気にしない。」を実践できていないから、何…

愛想笑い・レス・ミニマル

あなたが今後、人間関係の中で最もやってはいけないことを発表します。 それが、タイトルにもある通り、「愛想笑い」です。 愛想笑いは、「適応するための方策」です。 「適応するための方策」は、「本来、適応しなければならないとき」にはとても有効です。…

好きな人と会う。

二択でも三択でも四択でも、必ず「好きな人」を選ぶ。 これは、ミニマルな人間関係の基本のキです。 「好きな人」と会ったら、あなたはどんな気持ちになりますか? 「好きな人」と話したら、帰り道の足取りはどうなりますか? 明らかにわかっていることは、…

もう、頑張らないで。

人間関係に悩み、疲れ切ったあなたに、この媒体を使ってメッセージを送ります。 現在、100名以上の登録者がいらっしゃるので、是非友人や家族にこのメッセージを届けてほしいです。 もう、頑張らないで。 生れたばかりのあなたは、もっと笑顔に満ち溢れてい…

ハウツーの存在意義

今回の記事は、他の書籍などにはない本質的な「ミニマル」です。 よく、人間関係はいつまでもそのままにしておくのではなく、「テクニックを使って向上させなさい」といわれます。 例えば、約束の時間ギリギリまで一緒にいるのではなく、30分ほど余った状態…

平気なふりをしろ。

ミニマルな人間関係を築いていく上で、参考になるのが「平気なふり」という言葉。 基本的には一部の小説や邦楽の歌詞にしか出てこない言葉ですし、動物はおそらく実行することができない「行為・状態」でしょう。 よく、「平気なふりをしているけれど、本当…

聞きたくないなら聞かない。

自分が未婚状態にある時、どんな話が聞きたいか。 趣味の話?音楽の話?いずれも「正解」ではありますが、「模範解答」ではありません。 そうです。恋愛リアリティ番組の話です。 素人(?)の男女が、番組側からもたらされる非日常的ミッションに挑みながら…

話題を合わせる無意味さ

私たちは、ヘンに気を遣います。 ここでの「ヘンに」の「ヘン」は、なんだかカタカナがぴったりです。 私たちは、「本当は話したくもない人たち」と「本当は話したくもない話題」で会話をする習性を身につけてしまいました。 なぜこれが「ヘン」なのかといえ…

持ち帰らず「持ち帰る」。

「ミニマルな人間関係」において最も大事なこと。 あなたは何だと思います? 私なりの答えは、 人間関係の悩みでお腹痛くならないこと。 これに尽きます。 そして、人間関係の中で過度のストレスを溜め込まないために必要なのが「持ち帰る」ことと「持ち帰ら…

マジメなんかやめちゃえ。

質問をします。 あなたは、「マジメ」ですか?それとも、「真面目」ですか? 今回の投稿のカテゴリーは、「ミニマルな人間関係」です。 結論からいえば、「マジメ」であろうと「真面目」であろうと、自己完結であれば問題ありません。 「真面目」とは、自分…

信頼される人間になるために

中学校や高校で部活を経験した人はわかると思いますが、私たちはとかく「人に影響を及ぼしたい」という意識に駆られることが多いように思います。 具体的に言うと「(1年生)声を出せ!」という指示です。 あなた自身が最年少学年だった場合、先輩から「声を…

非常停止ボタンを持とう。

急な飲みの誘い、キャパオーバーな仕事の依頼、何の糧にもならない日常の談話。 相手は良かれと思って働きかけてくるが、こちらとしてはありがた迷惑、否、単なる迷惑。 しかしながら、私たちはついその誘いに乗ってしまい、終わりかけに「二度と行かない」…

周りの評価が気になるときは

いつもは暗めの服しか着ていないけれど、今日は白いTシャツを来て出かけた。 ずっと伸ばしてきた髪をバッサリ切って、ショートで登校した。 このような時、私たちは往々にして、周りの評価を気にします。 「いつもと違うから、何か言われるかもしれない・・…

友達は、少ないほどいい。

自分の命の時間を無駄にしてまで、友達を増やす必要はない。 もしあるのならば、教えてほしい。 唯一答えがあるとすれば、「今後、親友になるかもしれない」というものがあろう。 しかし、それは沼に足を踏み入れながら、底が浅いことを祈るようなものだ。 …

無理してカラオケに行くな

カラオケが苦手なのに、ついつい誘いを断ることができずにカラオケに行ってしまったという経験。 誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。 この「行きたくないのに行く」という選択は、圧倒的に不幸です。 なぜ不幸なのか? ここで、自意識過剰にな…

イヤな人を避ける勇気

人生は有限だ。 いったいどれくらいの人たちが、この言葉を「意味だけ知っている」のだろうか。 たしかに、人生には限りがある。オマケに、短い。 100年生きるといっても、理性的な判断や健康的な肉体で居られる時間はそのうちの6割あれば良い方だろう。 こ…

賢しらをするな

この世でもっともダサい行為とは何だろう。 本を読みながらじっくりと考えてみた。 少なくとも、眉間にシワでも寄せながらこれみよがしに新書を読むこの姿は「みっともない」ものではないだろう。 そう、自己内で完結するような行為は「ダサい」とは無縁なの…

運命の人の見分け方

たとえば、いつも口角を上げていて、「感じがいい人」。 たとえば、清潔感にあふれていて、ほんのり柔軟剤の香りがする、「感じがいい人」。 あなたは「魅力的な人だな」と思うかもしれない。 しかし、もし「口角」や「柔軟剤」によってそう思ったのなら、い…

ラクになれる人間関係とは

なぜ私は、ミニマルな人間関係を追求するようになったのか。 思い返してみると、もう答えは一つしかありません。 「ラクな人間関係」を創りたかったから。 結婚式の招待状に返信をする時には「句読点やピリオドを使うと別れを連想するので書かないようにしま…

人間関係がイヤになったら

早速ですが、あなたは「人間関係がイヤになりやすい」ですか? この質問のポイントは、「人間関係がイヤになったことはありますか?」ではないことです。 ある程度生きていれば(人間は必ず死にます)、人間関係がイヤになるという現象は必ず起こります。 問…

疲れてはいけない

私たちは、絶対に疲れてはいけません。 仕事を家に持ち込んだり、疲労困憊の様子で帰宅したりしてはいけません。 これは、理想論であり、現実論です。 表題の「疲れてはいけない」というのは、「疲れたなどと泣き言を言ってはいけない。頑張りなさい」という…

「友人」を手放す勇気

時が来た。 私たちの友人関係は、決して美しいものだけではなかった。 お互いに飴を与え合うような甘ったるい時期もあったし、不本意ながらも鞭を打ち会うようなこともあった。 それらの経験が互いに良いものだったか、悪いものだったかはわからない。 しか…