心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

なぜ、ポジティブな思い込みをしている人は悔しいほどに楽しそうなのか?その2

 こんにちは。minipsyです。今日もあなたの心に刺さる一言が書けるように頑張っていきます。

 

 今回のテーマは、ポジティブな思い込みをし続けたらどうなるか?というものです。どうでもいい人に好かれていると思うことのメリットを書いていきます。

 

【2. ココロの隙間を何で埋めるか?】

 私たちは、1日のうち、「何かに打ち込んでいるとき」と「何にも打ち込んでいないとき」の二つを過ごしています。このうち「何かに打ち込んでいるとき」というのは、その人がどういう思い込みをしているかとは関連しません。仕事や勉強に打ち込んで過ごします。

 

 一方、「何にも打ち込んでいないとき」には、思い込みによって過ごし方が異なります。まず、ネガティブな思い込みをしている人は、

 

 常に他者にどう見られているか

 

 を気にする傾向にあります。これは物理的にというよりも、「見られている自分を見ている」というものです。例えばSNSで画像やメッセージを投稿することが挙げられます。もちろん、100%趣味で、やっていて楽しいのであれば別ですが、「見られている自分を良くしよう」というモチベーションでやっているのであれば若干辛いです。

 また、ネガティブな思い込みをしている人の思考は、・・・

 

 常に他者基準

 

 になっています。他者が前提となって物事が進んでいるのです。本当は自分のことをどうでもいいと思っている他者がそこにいても、「自分に意識がある」と思い込むのです。でもこれは、全くの徒労になってしまいます。

 こうして、せっかく何にでも使える時間が与えられているのに、それを他者に消費してしまいます。これがあなたの友達とか家族であればまだいいのですが、「知り合い程度」の人に対しても頭を使ってしまうので当然疲れます。

 

 知り合いに嫌われたって、いいじゃないですか。たかが知り合いなんだし。

 

 一方、ポジティブな思い込みをしている人は、「何にも使える時間」を自分のために使います。これが、「悔しいほどに楽しそう」な最大の理由です。

 

【3. ポジティブとは、終了や中断を促すものである】

 ここに、ポジティブ・ネガティブの「対称」ではない特徴の差があります。つまり、ネガティブな思い込みは他者を相手にする一方で、ポジティブな思い込みはそもそも他者を相手にしないということです。ポジティブな思い込みとは、「相手に好かれている」というものなので、

 

 これ以上他者について考える必要性をなくします。

 

 だって好かれているから。好かれている人に対して「もっと好かれるにはどうすればいいか?」って、あまり考えませんよね。「好かれるには・・・」と考えているということは、好かれていないからそうしているというケースが圧倒的に多いです。

 

 というわけで、ポジティブな思い込みは「他者のために頭を使う時間」を終わらせる作用があるのではないかと考えています。こうして余った時間は、自分自身の好きなことに費やすことができるのです。

 

 ポジティブな思い込み

  ↓

 他人のことについて考えなくなる

  ↓

 自分のことについて考える

  ↓

 自分自身が楽しくなるようなことをする

 

 という流れです。こうするとかなり良い循環になります。

 

 自分自身が楽しくなるようなことをする

  ↓

 他者から、「あの人、楽しそうに〇〇をやっているなぁ」と思われる

  ↓

 楽しそうに何かをしている人の周りには人が集まる

  ↓

 ポジティブな思い込みは「思い込みでなくなる」

 

 のです。集まってくる人々は「あなたのことを最初どうでもいいと思っていた人たち」です。こうして、もともとあなたを好いてくれている人1割に、どうでもいい人8割が強力な仲間として加わり、結果的にあなたの対人関係は上手くゆくのです。

 

 「そんな上手くいくの?」

 

 と思う人も多いかもしれませんが、とりあえずポジティブな思い込みをすることで、「他者から解放された」感覚をもつこと自体、心地の良いことだと思います。是非、試してみてください。