心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

なぜ、「趣味」がない人は羨ましいほどに幸せなのか?その2

 こんにちは。minipsyです。今日もあなたの心に突き刺さる一言が書けるよう、頑張っていきます。

 

 今回は、「具体的に『趣味』という呪縛から逃れるにはどうすればいいのか?」について書いていきます。

 

【2. 無趣味は〇〇の状態】

 「趣味がありません」という言葉は、一見ネガティブに聞こえます。というのも、

 

 なんだか、友達づきあいが悪そう・・・

 

 のように、他のイメージと勝手にくっつけられるからです。でも、

 

 趣味があっても友達がいない人はたくさんいます。

 

 問題は、趣味の有無ではないのです。

 

 趣味がない人は、無理に「趣味」を持とうとしなくなった瞬間どうなるのでしょうか。適当にテレビを見たり、ネットサーフィンしたりするかもしれませんし、何もせずに寝ているかもしれません。僕は「それこそ、あなたの趣味です!」とは言いません。ただ、

 

 趣味がないとはっきり言える人は、めちゃくちゃかっこいい

 

 と思います。自分自身の基準をしっかりと持っているのです。

 

 そして、無趣味の人は、

 

 他人の趣味の話を、面白がって聞くことができます。

 

 無趣味の人は、「自分の信念に関わること」以外にはいい意味でこだわりを持っていないのです。だからこそ、趣味の話で他人とぶつかることはない。

 

 もちろん、心から楽しめる趣味を持っている人も、他人の趣味の話を楽しく聞くことができます。

 

【3. 「趣味」に対する考え方を変革する】

 本当に苦しいのは、趣味がない人ではありません。

 

 趣味がなく、かつ、趣味がないことは悪いことだと思い込んでいる人です。

 

 しかし、少なくとも日本には、「趣味がないと罰金5万円」のような法律はありません。つまり、趣味がなくても生きていけるのです。もっと言えば、

 

 人間、趣味がない方が、自然な状態です。

 

 趣味がなくて当たり前なのです。趣味がある人は特殊(悪い意味ではなくて)だと考えればよいのです。

 

 そして、他人が趣味をしていて楽しそうに見えるのは、

 

 その趣味の中の一番の醍醐味しか見ていない

 

 場合が多いのではないでしょうか。例えばスポーツ系だったらプレーしているところでしょうし、旅行だったら各地の景色を見たりレストランで食事したりしているところでしょう。そして、往々にして、SNSでは

 

 一番良さげなところだけが投稿されます。

 

 しかし、これらの趣味には、当然影の部分があります。影というと言い過ぎかもしれませんが、「面倒な部分」も多く含まれています。スポーツであれば汗だくで着替えなきゃならないとか、旅行ならスリに遭ってしまうとかを指します。ちなみに、これらのネガティブな側面に対して「やっぱやめとこう・・・」と思った人がいたとしたら、その時点で

 

 それを趣味にすることは困難です。

 

 本当の意味でそれを趣味にしている人は、ネガティブなところが見えなくなるくらい、その醍醐味が大好きでたまらない人なのです。悪い面は、「見えている」のではなく、「あえて見ることによってそれを遠ざけようとしている」のです。

 

 これは決して悪いことではありません。もしあなたが今後、周りの人間の圧力によって生み出す「趣味」ではなく、本当の意味での趣味を見つけるときがきたとしたら、「どこを見ているか」を基準にすれば良いのです。そうしたら、あなたは周りの人たちに「これが趣味なんだぜ!」と息巻くこともなく、淡々と、自分の大好きなことをやり続けることができると思います。