心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

なぜ、「正しく」着飾る人は幸せなのか?

 こんにちは。書籍化に近づいているminipsyです。今日も、あなたの心に刺さる一言が書けるように、頑張っていきたいと思います。

 

 今回は、「着飾ること」についてです。

 

【外見は人の心を変える】 

 私たちは「自己イメージ」というものを持っています。その「自己イメージ」は、多くの場合、「良い」ものにしていたいのが人間の常です。周りから評価されたいと思うし、愛されたい。

 

 ただし、その「自己イメージ」には二つの見方があります。「わたしから見たわたし」と、「他の誰かから見たわたし」。私たちは、基本的にひととつながりながら生きているので、自分自身が純粋にもつ「自己イメージ」が、他者から良いと評価されるとは限らないことを経験的に知っています。

 

 ここで起こるのが「自己呈示」なのです。相手にとっての良いイメージを実現させること。そうする理由は、「その人と仲良くなりたいから」です。仲良くなりたくない人には、基本的に自己呈示はしません。

 

 例えば、一般的に、暗い色の服よりも、明るい色の服の方が「人に好かれます」。「だから明るい服を着た方が良い」というよりも、人に好かれる人は、コツがよくわかっているのです。

 

 「外見は人を変える」というのは、僕は真理だと思います。そして、変える対象は、厳密に言えば、

 

 (まだ変わっていない)あなたの外見を見た人のリアクションによって、あなた自身が変わるのです。

 

 髪を明るくした時、友達は「明るくなったね!」と言います。ここで私たちの脳は錯覚します。「性格が明るくなったね!」と。

 

 そして、今回のブログのもう一つのメッセージは、「文字通りに騙されない」ことです。

 

 私たちが使う日本語には、流れがあります。例えば、「過言」という言葉は言い過ぎという意味ですが、「今のは過言だ!」と使うことは滅多になく、「・・・といっても過言ではない」という使い方をするのがほとんどです。

 

 これと一緒で、「着飾る」はネガティブな意味合いで使われます。「着飾らない自分でいましょう」のように。

 

 でも、着飾るとは「美しい服装でいること」なのです。ギラギラしたファッションであえて人の印象に残るようなことではありません。それはまるで、自分に自信がない人がバイクで騒音を巻き散らかしているようなものです。

 

 正しく着飾ることが、大事です。