心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

本当に大切にすべき人が言わない一言とは?

 ミニマルな人間関係を築き上げていく時に、大切にすべきは「その人がしゃべっている言葉」です。

 

 もちろん、通常は気づかない場合が多いのですが、僕の経験上、大切にすべき人が言わない一言があります。

 

 ちなみに、誰にとっても大切な人は、いないと思っています。あなたにとってとても大切な唯一無二な親友も、他の人にとってはどうでもいい人だったりします。

 

 話が脱線する前に。その一言とは、

 

 「そんなことないですよ」です。

 

 あなたは、「そんなことないですよ」待ちになったことはありますか?

 

 正直に言って、僕はあります。たくさん。

 

 「自分なんて・・・」的な言葉をあえて言って、周りの人から否定してもらうという独特の文化的なものが日本にあります。

 

 そのときに、「あれ?この人に対して待っていても否定してくれないな・・・?」という人に出会うことがあります。

 

 その人は、日頃から「自分の意見を言うこと」を習慣にしているはずです。

 

 とっつきにくかったり、自分にとって「痛い」ことを言ったりすることもありますが、貴重な人物でしょう。

 

 今回は、もう一つのメッセージがあります。

 

 あなた自身が周りの人に対して「そんなことないですよ」を言わずに正直な気持ちを伝え続けていくと、人間関係が洗練されていくのです。

 

 多くの人は、「そんなことないですよ」を言ってくれない人に対してムッとします。

 

 だからこそ、「よくぞ正直なことを言ってくれた!」という人がもし現れたら、あなたはその人を離してはいけないのです。