心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

挨拶ができている社会は奇跡かもしれない

 多くの人が、「挨拶が大事だとわかっていながらできていない」最大の理由は、

 

 「無視されたらどうしよう」という、子どものような感情です。
 

 僕は、これには例外がないのではないかと思います。もちろん、大変残念なことではあるのですが、

 

 あなたの挨拶を、最初から「無視する」と決めている人もいます。
 

 そういう人には、挨拶をたとえしても、返してもらうことはないでしょう。

 

 ただ、そういう人は、あなたがよほど「印象のよくない人」でない限り、少数です。ほとんどの人は、挨拶というフィールドにおいて対等なのです。

 

 そんな中、意を決してあなたが挨拶をします。すると、

 

 その挨拶が、相手の「挨拶したら無視されるかも」という氷を溶かすのです。
 

 挨拶さえできれば、世間話の最中に多少口ごもったり、上手なトークができなかったりしても、全く問題ありません。これは断言できます。逆に、

 

 トークは軽快だけど、いざというときの挨拶ができない人は、印象が悪くなります。
 

 挨拶することのデメリットは一つもありません。たとえば、あなたの挨拶を無視することを決めている人に挨拶をします。それをその人が無視しても、

 

 見ている人は、見ています。あなたの挨拶を。
 

 周りの人は、明らかに、無視を決め込んでいるなアイツとわかるのです。そういう人が、自分にだけ優しく声をかけにきても、もはや信じられません。人として。

 

 今の日本には、挨拶がまともにできない人が多いのではないかと思います。多いということは、あなたにとっては大チャンスだということです。最も基本的な作法が挨拶なので、これができない人がどんなに仕事ができても、周りからの支援はなくなっていきます。

 

 こう考えると、もしあなたの勤めている会社などが、挨拶に満ち溢れていたとしたら、希少価値があるのかもしれないなと最近思っています。

 

 コミュニケーションの基本である挨拶ができる集団は、実は一番強い、というより、「したたか」だといえます。