心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

あなたが手をさしのべるタイミングはだいたい間違っている

 誰かにサポートをするという場面において、必ず考えておかなければならないことがあると思います。それは、

 

 サポートをする余裕が、あなたにあるということです。

 

 

 思い返してみれば、僕自身も、誰かにサポートする気が起こるのはだいたい、

 

 好きな女の子と話すことができたでした。

 

 好きな女の子と話したという経験が持続していて、誰かをサポートするというモチベーションにつながるのです。

 

 ということは、

 

 あなたのそのときの心というのは、いつもとは全然違う、異常にポジティブな状態といえます。

 

 一方、サポートをしようとしている対象の人物は、

 

 あなたの普段の状態と比べものにならないくらいナーバスになっています。

 

 あなたの普段の状態よりもナーバスになっているその人に、普段よりもハイになっているあなたがサポートをするのは大変キケンです。

 

 自分が気分がよいからといって、普段全くしていないのに、荷物を持ってはいけないのです。

 

 

 むしろ、あなた自身がネガティブな状態になっている時こそ、その人の感情に寄り添えます。

 

 傷のなめ合いによって(も)、一応、傷自体は治るのです。

 

 

 タイミングを間違うと、せっかくの善も仇で返されてしまうので、気をつけてみてもよいかもしれません。