心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ミニマル≠ゴール

今回は、僕自身が陥ったことのある大失敗談を話していきます。

 

当時の僕は、ストレスから、「モノを捨てること」がある種趣味のようなものになっていました。

 

ところが、モノを捨てることは趣味にはなりえません。

 

燃えるごみの日に燃えるごみを整理して捨てるのとは違い、それまで使っていたもの、わざわざ購入したものを捨てる行為は、きっかけなしにはしないものです。

 

そういうきっかけが永遠にないと、ゴミ屋敷になります。

 

ほとんどの人は、バイオリズムのように、一定期間が過ぎるとものを自然と捨てますが、それの「前借り」状態みたいになるのが「捨てるのが趣味」という状態です。

 

しかし、当時の僕は、「捨てることそのもの」を目的のように思っていました。

 

人間関係のリセットも、ついつい100対0のような考えで行い、周りの人間がどんどんいなくなる感じでした。

 

しかし、ある日、大事なことに気づきました。

 

幸せな生活

  ↑

ミニマルな生活

  ↑

生活をミニマルにする

 

という流れで頑張っていたはずが、いつしか

 

ミニマルな結果

  ↑

生活をミニマルにする(幸せかどうかはどーでもいい)

 

となってしまっていたのです。

 

自分が何のためにミニマルを目指しているのかについて立ち止まるべきポイントは、

 

「あれ、モノは減ってきたんだけど、全然しあわせじゃない・・・?」

 

「なんかいろいろ面倒くさいから、逃げているだけなのかもしれない・・・?」

 

と思った瞬間だと思われます。