心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

自分なりのdを持っているか?

例えば、全く混んでいないのに、店員が出てくるのが遅いカフェがあります。

 

99%注文を考えていたとしても、僕はその店を出ます。

 

人はそれを、「気が短い」「怒りやすい」と言いますが、その人の基準で短いかどうかを決められる筋合いはありません。

 

これが仕事では応用できないとか、自分で例外を作り続けていると、どんどん自分に厳しくなり、他人にも厳しくなります。

 

自分なりのdを持たなければなりません。

 

・・・ところで、dとは何か。あなたが想像したのはなんでしょうか?

 

これには、意味はありません。

 

人間は、訳のわからないものに対して、自ら意味を見出そうとします。

 

返信がないあの子は嫌っているんだと決めつけ、夜勤の事情を察しないことが精神安定につながるのです。

 

他人に迷惑がかからなければ、自分なりの何かを自由にもってよいのです。

 

3回振られたなら、4回目告白してはいけないなんてことはありません。

 

好きになった人が20歳年上でも、好きになったらデートに誘えばいいのです。

 

リア充なんて幻想に惑わされず、家に閉じこもる期間も必要です。

 

すべて、自分で決断することから始まります。

 

あなたも、「やりたいと思っていたけれど、先延ばしにしてきたこと」、あるのではないでしょうか。そう、それですよ。

 

と、僕は僕自身に語りかけています。