心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

生まれてきたことが失敗

これは、最近僕自身がメインで考えているテーマです。

 

多くの人は、仕事や恋愛などで、「失敗したらどうしよう」と不安になったことがあるでしょう。

 

もちろん、プレッシャーを一定程度感じることは、むしろパフォーマンスを高めることにつながりますので、「不安」も悪いところだらけというわけではありません。

 

プレッシャーを感じなさすぎることが問題視されることさえあります。

 

しかし、失敗についてとことんまで考えてみたところ、真実のようなものが見えてきました。

 

なぜ失敗を怖がるのかということについて、原因をミニマルになるまで落としてみたところ、

 

こういうことを考えてしまいがちな人間として生まれた時点で、もう大失敗なんじゃないかと、はたと気づいたのです。

 

だれかを指差して「貴様が生まれてきたのは失敗だ」と叫んだら、それはただの「言葉の暴力」ですが、これは自分自身が自分を客観的に捉えるトレーニングです。

 

生まれてきたこと自体が失敗なのであれば、生きている時点で何をしても、結果は覆りません。

 

こう考えると、一つの質問に行き着きます。

 

はたして、失敗とは、悪なのでしょうか?

 

失敗イコール悪ならば、人間が生まれてきた自体も悪になります。

 

しかし、そんなことはありません。

 

大事なことは、今自分自身がいるステージが失敗だからといって、向こう側のステージが成功だとは限らないということです。