心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

小が大を兼ねる時代

もしかしたら、今後、「誰もがミニマルを目指さなければならない時代」が来るかもしれません。

 

例えば、食生活。

 

食べ盛りの学生は、躊躇なく大盛りを頼みます。プラス100円。

 

そして、それをかきこみながら食べるので、ほとんど噛んでいません(ウマイ食べ方ではあるんですけどね)。

 

僕は小食ではありませんが、昼食は少なめにしています。

 

少ないから、よく咀嚼しなきゃな、って勝手に思います。

 

満腹感も得られるし、100円おトクです。

 

そう考えていると楽しいからしているだけで、ビンボーとは違います。

 

その証拠に、「ミニは手間だからプラス50円ね〜」と言われたとしても、ミニを選ぶと思います。

 

ミニが手間だからと言われて、普通盛りを頼んで少し残してやろうと思った時点で、心が貧しいと思います。

 

そして、ミニを頼むことによって自分自身の金銭感覚が洗練される・リセットされる感覚を持つことができます。

 

たとえ小腹が空いても、それは大盛りのときもそうだったのかもしれないということですね。