心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

割引品と引き換えに失うもの

※毎度のことではありますが、様々な価値観のうちの一つを、書籍化を目指して書いていきます。

 

私たちは、スーパーなどで割引品を目にします。

 

お弁当やおにぎりなどの場合、保存料のおかげで日をまたいでも食べられる状態で売られています。

 

f:id:minipsy:20180225092924j:plain

 

そんな中、割引品を探し求める消費者、割引シールを奪い合う消費者の目はどこか焦燥感を実体化したような形をしてます。

 

質が劣る品を得ようと焦っているのです。

 

美味しい一品を求めて人々が群がるのではなく、自分たちのお金ができるだけ減らないようにという守りの姿勢なのです。

 

しかし、大事なことは、そこで節約したお金によって余計なお菓子を一つや二つ買い、結局予算オーバーするということです。

 

さらに言えば、

 

割引シールが貼られているお弁当にはなぜか割り箸がお似合いです。

 

どこか安っぽさが垣間見えます。

 

そして、割引シールが高級になるなんてありえません。そこにコストを費やす意味が皆無だからです。

 

たまには、あえて割引シールが"貼られていない方"を選ぶと、何かが変わるかもしれませんね。