心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

恋愛テクニックミニマル

あなたの目の前に「石橋」がデーンとあった時、あなたはハンマーを使いますか?

 

僕は正直、欠けた一つ目の石ころが大海に流れ着く頃まで石橋を叩き続けてしまいます。

 

そんな僕を、一瞬救ってくれるのかな?と思ったのが「恋愛テクニック本」です。

 

買うのが恥ずかしい人は、とりあえずファッション雑誌を買って、後半に掲載されているモテ特集を血眼になって読み耽ります。

 

僕は、恋愛テクニック本でテクニックを学ぶこと自体、恥ずかしいことでは全くないと思います。

 

学校で教えられないのだから、独学する志は素晴らしいものです。

 

しかし、僕がここで言いたいのは、「恋愛テクニック本を読んでまで恋愛したいんかい!」という幼稚なちゃちゃではありません。

 

テクニックで捕まえた相手は、テクニック的関係にしかならないということです。

 

例えば、顔のどちら側を見せるのかとか、サラダを取り分けた方がいいのかとか、そんなことで変わる恋心などはありません。

 

もしそういった付け焼き刃のテクニックで恋愛関係が成就するとしたら、それは

 

[1]ギリギリところてんステージ:元々絶対的な好意があって、あともう一押しがあればOKだった

 

[2]みんなのラーメン・カレーステージ:誰でもいいからとりあえず付き合いたい

 

のどちらかだと思われます。

 

[1]の場合、テクニックは最後の一手です。よって、仮にこれが成功したとしても、それはあくまで相性自体がよかったということになります。

 

[2]の場合、ぶっちゃけ誰でもいいから寝たいなんて考えている人が、テクニックを仕掛けられて「この人は今、誰でもいいから寝たいんだな」と需要供給が一致したと判断してOKを出しているのです。

 

「誰でもいいから」というのは、決してネガティブな意味で言っているのではありません。

 

問題は、「恋愛テクニックに対して本気を錯覚するのは中学生くらいまで」だということに気づいているかどうかです。

 

簡単に手に入るものほど、簡単に手からするりと滑り落ちて行くような気がします。

 

逆に、この人だ!と思った「運命の人」に対しては、テクニックを使うことさえおこがましく感じるでしょう。

 

そう考えると、好きな相手に対してテクニックを使おうと思ったかどうか自体、あなたの本気度の指標になっているのかもしれませんね。