心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

伝えたい、ひとがいる。

教育に携わっている者として、強く感じていることがあります。

 

教育を変えるといろんな人(教員・先生・講師など)が言っていますが、なぜ「成功」していないのか。

 

自分はこう考えます。

 

それぞれ、伝えたいひとが違う。

 

教育って、最大公約数を求めたり、因数分解したりして「最も重要なエッセンス」を分析した時、残るのは「この人の笑顔を見たい」になるんじゃないかと思います。

 

はっきり言って、それは異性です。

 

僕は、きちんとした手順さえ踏めば、教師と生徒の恋愛・結婚は大いにありだと思っています。(若干本論とずれるのでこれくらいにしますが)

 

この「新しい(と本人が思っている)教育」は、伝えたい生徒が目の前にいるときに、最大のイマジネーションを発揮します。

 

しかし、これが教育カリキュラム上のものとしてシステム化した瞬間に、誤作動が起きます。それは、

 

受け継ぐ教師の「伝えたい生徒」にとって、その内容が合っていないという事実です。

 

最初に考えた人は、当然「最初に考えた人にとっての伝えたい生徒に対する内容」を考えているのですから、次にその内容を「カリキュラムとして」引き継いだ人にはある種のアレルギー反応的なことが発生します。

 

こうして、「新しい教育」はいつも一代限りで終わってしまい、うなぎのタレみたいに継ぎ足しが極めて難しくなってしまうのです。

 

あなたが、伝えたいひとは、誰ですか?