心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

強気ミニマル

突然ですが、あなたは他の人よりも強気な方だと思いますか?

 

もちろん、この記事を読んでくださっている今、ひとりだと思いますので正直にお答えくださいね。

 

僕は、やや気弱なのかなーと思います。たまに猛烈に強気になったりして(「気強」って、言わないですよね笑)、自分でも驚くことはありますが、基本は気弱です。

 

心理学の研究で、シャイであることについて検討したものがあります。それによると、「シャイであることによって、人間関係を上手くコントロールしている」という場合があるようです。

 

どういうことでしょうか?

 

一般的に「シャイ」の認識って、「恥ずかしいから上手く人間関係を構築できない」というものですよね。

 

しかし、別の切り口で言えば、「あまり人と接するのが好きじゃないから、あえて人間関係を構築しない」という見方もできます。

 

もし、あなた自身が「人間関係ニガテ」と思っているとしたら、

 

[1]付き合いたいけどニガテ

 

[2]そもそも付き合いたくない

 

のどちらかに分類されます。

 

あなたが後者だとあれば、「これ以上無理する必要はない」と断言します。

 

とは言っても、人間関係は仕事においても必要なものなので、ゼロにするわけにはいきません。

 

ここで、陥ってはいけないのが、「シャイでない自分をわざわざ演じる」ことです。

 

「気弱な感じをなくす」と、雑な扱いを多少してもいいんだと勘違いされる場合があります。

 

「生まれつき」メンタルが強い人や、あまり物事を気にしない人なら良いですが、元々気弱な人が意地を張って良いことって、意外と少ないのです。

 

もし気弱なあなたでも、必ず、周りの誰かが助けてくれます。これは断言できます。

 

自分自身をある程度出してもよいと気づくと、よいことがあるかもしれませんね。