心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

頭ぽんぽんでわかる真実

ただしイケメンに限る」という言葉があります。

 

行為ではなく、行為者が重要だという意味ですね。

 

旅に関しても、「どこに行くかよりも、誰と行くかだ。」という明言めいたことを言う人がいますが、

 

いやいや、どこに行くかって、めっちゃ重要じゃね?

 

と思うのも本音です。

 

さて、タイトルでもわかるように、今回のテーマは「頭ぽんぽん」です。

 

あなたには、頭ぽんぽんしてほしい人はいますか?

 

一般的に、頭ぽんぽんは「自分がイケてると勘違いしているようで嫌だ」と敬遠される傾向にあります。

 

他者への愛情を装った自己満行為に見えるからです。

 

つまり、ただなんとなくいいな〜と思っている人にされた瞬間、冷めてしまう行為の一つだといえます。

 

しかし、ここには大きな気づきがあります。それは、

 

たとえそういった行為だとしても、されて嬉しいということは、それほどその人を好きだということです。

 

これに対して、「車道側を歩いてくれる」「抱きしめてくれる」といった行為は、基本的に相手のことを思いやっての行為なので、なんとなく・・・の人にされても嬉しい。

 

つまり、これらの行為では自分自身の気持ちを判断することは困難だということです。

 

99.9%の人間にされたら嫌なことでも、その人にされたら嬉しい、あるいはその人にされたいと懇願する行為があったとしたら、それはその行為ではなく、行為者に注目するのが大事なのかもしれません。