心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

人にはそれぞれ、居場所がある。

もし、あなたの周りにニガテな人間がいると自覚しているのなら、

 

あなたは正常な人間だと言っていい。

 

もし、自分の居場所は本当にここでいいのだろうか?という疑問を持っているなら、

 

二つの選択肢が、あなたを待っている。

 

【1. 自分自身の心持ちを変える】

あらかじめ言っておくが、人間関係で悩む人の多くは、「気持ちを変えろ」と言われ続けているだろう。

 

よって、このセクションで言っていることに、苛立ちしか覚えないに違いない。

 

一応触れておくが、「他人は変わらないけれど、あなた自身は変われるよ」という宗教めいたものだ。

 

ここでは、こんくらいにしておこう。大事なことは次だ。

 

【2. 心の中で銃を構える】

当然のことだが、日本という国で銃を持っていたら、1年以上10年以下の懲役を食らうことになる。

 

しかし、私は、心の中でなら、銃を構えてもいいし、さらにいえば、打っちゃっていいと思う。

 

だって、その人はあなたにひどいことをしたんだから。

 

そして、その人のひどいことは、特に現代は「目に見えない」攻撃だったと思う。

 

しかし、目に見えない攻撃の方が厄介だ。

 

傷害罪は傷跡が証拠だけれど、メンタルをえぐられたと言って心臓を見せるわけにはいかない。

 

あなたは苦手な人の前で銃を構える。

 

大事なのは、「この世で一番失ってはならないのはあなた自身の心」だということだ。

 

無理やりポジティブになろうとするのは、逆説的に自分のことを大事にしていないことになる。