心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

好かれるなら「嫌われる」を選べ

ミニマルな人間関係に必要なのは、矛盾しているようですが「人間」そのものです。

 

スターバックスMacbookを開いて眉間にシワを寄せても、結局行っていることは飲食です。

 

どんな人間も、多少の違いはあれど、50℃の気温にはぐったりし、肩をぶつけられたら怒るのです。

 

さて、私たちは「好かれる」ことをポジティブに捉える傾向があります。

 

そりゃぁ、嫌われているくらいなら、好かれている方がよくない?と思うでしょう。

 

しかし、好かれているのは本当にあなたなのでしょうか?

 

例えば幼稚園児に好かれる芸人Aさんがいたとして、それはAさんのアイデンティティやセンスが好かれたのではなく、「なんとなく若くてかっこいい男性だったから」という可能性はないでしょうか。

 

ここで言いたいのは、その「好かれ」はインスタント食品だということです。

 

インスタント食品は、誰でもカンタンに作ることができます。

 

そして、すぐに食べることができます。

 

これは、「好く」という行為を片手間にやっている状態なのです。

 

これに対して、「あ、オレそのものがいま、受け入れられたのだ」と勘違いするのが慢心です。

 

これで終われば良いのですが、いざ彼ら(ここでいう幼稚園児)が急にそっぽを向いたとします。このときAさんは怒り心頭です。

 

勝手に告白されたと勘違いし、勝手にOKを出して、勝手にふられているようなものです。

 

そんなときは、あえて嫌われるようなことをしてみてもよいかもしれません。

 

もちろん、暴力行為はダメですよ。

 

こちらからあまり干渉しないようにするのです。

 

素を出すという選択でもよいでしょう。

 

すると、今まであなたを「若い」「男性」など、カテゴリーとして見ていた大勢の人たちの中に、ほんの1人、あなたを「you」として見てくれる人が現れます。

 

砂金取りでは、粘り強くふるいに何度もかけますが、イメージは同じです。

 

その人が、あなたの運命の人です。