心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

好き嫌いと実力を混同するな

若かりし頃は、自分がやってやるという気持ちがとても強いです。

 

組織が間違っている、自分が一番頑張っていると勘違いし、周りをついつい見下してしまいます。

 

これは、ある意味若造の専売特許であり、正常な反応ではあるのですが、そこには決定的な問題があります。

 

というよりも、競争すべき点と、そうでない点を一緒くたにしてしまいがちです。

 

私が思う、はっきりと区別して考えるべき点は「最低限の実力」と「好き嫌い」です。

 

例えば、仕事で言えば「最低限ここができていないと社会人としてダメでしょう・・・」というラインが必ずあります。

 

声が出ているとか、ブラインドタッチができるとか、コピーが取れるとか、プレゼンができるとか、・・・

 

そして、もう一つ。

 

プレゼンで言えば、人によっては相手をまず感動させることに重きを置いている人もいますし、論理的に伝われば感情を揺さぶらなくても相手には響くと考える人もいます。

 

これは考え方の違いであり、どちらが良かったのかは結果論です。

 

これを、「実力」と混同して怒る人がいます。

 

「そんなエンターテイメントみたいなやり方で自分に酔いしれてんじゃねぇよ!」という人は、ただ単に自分がそのやり方がキライ、あるいは自分も本当はあんな風にやってみたいけれどできないという「個人的な理由」で部下を叱りつけています

 

これが、「プレゼンの準備全然できていないじゃん」であれば、正当な叱りだと誰も思うでしょう。

 

得てして私たちは部下に対して「嫌い」をさも「正当な理由で僕はあなたに注意している」かのようにすり替えて、日頃のストレスを発散させる傾向にあります。

 

ある程度の実力があるのであれば、それ以上は個性の違いとして受け入れましょう。

 

たとえそのやり方をあなた自身が嫌いだと思っていても、結果としてその人にお客さんがついていっているのであれば、魅力があるという客観的な指標になっているのです。

 

逆に、あなたが個人的に好きだと思っているやり方であっても、お客さんがついていなければ何の意味もないのです