心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

教師が教師を滅ぼすとき

日本の教育において、一番重要視されているのは何でしょうか?

 

一流大学(そんなものはありませんが)への現役合格?

 

子供の学力向上?

 

いいえ、違います。

 

教師自身の保身です。

 

教師は一度正規職員としての地位を得てしまうと、よほどのことがない限り(暴力行為や盗撮など)「せんせい」という状態を半永久的に守ることができます。

 

コミュニケーション能力が低い教員は、最初の2,3年はそれを直そうと努力するかもしれませんが、一定の時を経ると「あのせんせいは、ああいう人間だからね」と周りが気を遣うようになるのです。

 

これが一般的な職場であればよいのかもしれませんが、生徒を相手にする(人間を相手にする)職業においては失格行為です。

 

さらに、男性教員が、教員としての顔ではなく「男」として女子生徒に接するという行為が蔓延しています。

 

同様に、女性教員が未だに女としての部分を捨てきれずに、男子生徒をたぶらかしているのも現状です。

 

以上の二つについては、性差別の話をしているのではありません。

 

プライベートな部分では、自身の性的魅力を磨き続けるのは何の問題もないでしょうが、

 

教師は、教壇に立つ限り、男(女)であってはならないのです。

 

この悲惨な状態を後輩教師が見た時、彼らは「再生産」します。

 

教職の場から、どんどん教員が減っていき、わがままな男と女だけが残っていくのです。