心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

個人面談パラドックス

私たちは、たくさんの教師と接してきました。

 

数学が得意な人もいれば、体育祭に一番力を入れている人もいます。

 

ここで、「最も接触した教師」を考えると、やはり担任です。

 

普通の非常勤講師と、担任とでは、一緒に過ごした時間に大きな差があり、これを埋めることは「禁断の恋」以外不可能だといえます。

 

しかし、担任の影響は必ずしも良いものばかりだとはいえません。

 

この影響が良くも悪くも一番出るのが「個人面談」です。

 

現代の日本では、中学であれば高校、高校であれば大学の入学式に関する面談を最も多く行います。

 

三者面談の場合も同様です。

 

「担任がおりませんので校長がやります」とかはないのです。

 

成績不振の生徒に対して、浪人して第一志望に通った担任であれば「頑張れ」と言うでしょうし、パッと切り替えて志望校のレベルを下げた担任であれば「大学は入った後が大事だ」と言うでしょう。

 

どちらが良い悪いではありません。

 

夏目漱石が好きすぎて話が止まらないという担任でも、同じく漱石を愛してやまない生徒にとっては神なのです。

 

個人面談は生徒自身の進路を「整える」という意味で有効ですが、気をつけないと「担任の価値観の再生産」になってしまいます。

 

本を読むときにカバーをするように、最も大事な核の部分は、担任のいいなりにならない方が良いのです。