心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

腐りきった年功序列

私たちは、ある種、「個人差」を甘く見ているきらいがあります。

 

好みの顔や、嫌いな場所、お気に入りの国など、多少重なるところはあるかもしれませんが、全てが一致することはありえません。

 

ましてや、個人の思想や、考え方は、それらの「個人差」が長い時間をかけて醸成するものですから、むしろ「同じ方が不自然」といえます。

 

しかし、先輩という「人種」は、後輩という存在に対して、「その後輩の経験はまだまだ未熟だ」という発言をすることがあります。

 

さらに、年齢がかなり離れた人からは、そもそも生きていること自体や欲望を持つこと自体をある種否定されることがあります。

 

「人生、思い通りにはいかない」という暴力です。

 

何が暴力かと言えば、「正論」で、反論しようがありません。

 

正論を言われると、「自分が間違っているに違いない・・・」という悲しみに似た感情が湧き、元気がなくなります。

 

年齢が上で、当該の人よりも人生経験を重ねているのは、ある意味偶然です。

 

そして、さも、年齢が上の人だけが辛い経験をしてきたというテンションで語るきらいがありますが、当該の人より波乱万丈だったかどうかはわからないのです

 

そこに年齢が上に重なるだけで、勝手に金言になったりするのが一番怖いのです。

 

今、好きになってはいけない人を好きになっているとか、健康に悪いのだがやめられないことがあるとか、それを年齢が上の人から全否定されるというのは暴力です。

 

もちろん、当該の人が行っていることが一般的・客観的に悪いことだったとしても、まずは一方向の説教ではなく、対話が大事なのだと思います。

 

年齢を武器にするのは、卑怯だと私は思います。