心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

本当は参考にしてはいけないこと

※これは、本質です。

 

私たちが何か大きな決断をする際に、参考にしがちだがしてはならないことがあります。

 

例えば、あなたが現在の会社から転職したいとします。

 

その時、職場の先輩から「実は3年前に、この会社がイヤになって辞めたヤツがいるんだよね」と言われたとします。

 

これに勇気づけられるのが、人間の性です。

 

「あっ、この組織がおかしいと思っていたのって自分だけじゃなかったんだ」と思えるからです。

 

そう、これが、「参考にしてはならないもの」です。

 

たしかに、部分的な根拠としては、「あって困るものではない」といえます。

 

しかし、もしその「事例」がなかったら、あなたは動かなかったのでしょうか?

 

最初はもちろん、そうではなかったはずです。

 

この決意が、他者の似通った事例によって歪曲されてしまう危険性があります。

 

ここでの決意は、「覚悟」といった方がよいのかもしれません。

 

あなたが自分の頭で考えたプランは、ややもすると他人の過去に流れてしまいます。

 

自分の頭で考えるだけでなく、「考え続ける」ことが大切なのです。