心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

教育業界で戦うたった一つの方法

現代において、教育はもはや「聖人君主のありがたいもの」ではなくなりました。

 

否、もともとそんなものはなかったのですが、教師の暴力は愛のムチだという幻想が日本国民全体を支配していただけなのです。

 

教師の体罰を容認してきた親は、いつしか子どもを守る方向に急激にハンドルをきるようになり、モンスターペアレントだと客観的に言われるようになってきました。

 

そのような中、教育業界で生き残るためには、どうすればよいのでしょうか。

 

特に、免許といったら運転免許と都道府県の教員免許しか持っていない人たちは、教育界という荒波の中でサバイブするには何をすればよいのでしょうか。

 

この解は、明確にあります。それは、

 

個人指導を最重視することです。

 

これ以外に、教師が生き残る道はありません。

 

面白い例があります。

 

どんなに冴えなくてダサい人間でも、学校という場では否応なしに「年上」というアドバンテージが与えられます。

 

これは、今まで同年代としか付き合ってこなかった当事者にとって衝撃的なことです。

 

なぜなら、どんなに特徴がない・薄い人でも、年上というだけで興味を持ってもらえるからです。

 

ということは、少なくとも入口だけでいえば、誰かしらから「ファン」になってもらえます。

 

あとは本人の力量次第ですが、

 

ひとりの人間を教えられなければ、集団授業など不可能です。

 

また、集団授業がへたにこなれてくると、個を見ようとする習慣・能力が著しく欠如することになります。

 

個を育てられない教師は、ただのおっさんです。