心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

教育で裏をかくと、裏切られる。

どんなに注意しても直そうとしない。

 

いくら労力をかけてもクラスがまとまらない。

 

全て、自己責任。

 

生徒の悪口を言う自分自身は、そのクラスを映し出す鏡。

 

性に合わないスパルタ教師を無理やり演じると、クラスは規律正しくはならない。

 

ただただ、する必要のない背伸びをしている大人を見て哀れに思い、そんな人間が担任となったことを不幸に思っている。

 

ピグマリオン効果を盲信して、作り笑顔でホームルームをやっても、生徒は騙されない。

 

作り笑顔が伝染することはあっても、担任が教室を後にした瞬間に目線は隠していたスマホに落ちる。

 

一番怖いのは、教員側が「こいつらを騙せている」と勘違いしていること。

 

彼らは、ある意味がむしゃらなその人間を目の当たりにして、「お疲れ」と言うことはあっても感謝の言葉を口にすることはないだろう。

 

裏をかくとは、「信念を曲げること」である。

 

なぜなら、新任当初から自分の教育観とは異なることをする教師はいないからだ。

 

裏切られるとは、「信念を曲げていることがバレていること」である。

 

一度裏をかくと、本来のオモテに戻ることは二度とできないし、自分が戻ったとしても生徒は金輪際ついていこうなどと思わない。