心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

偏見を、もて。

英語の教科書や、校長先生の漫談では、

 

「偏見を持ってはいけません」が結論となるように、論が組み立てられています。

 

ここで、辞書を開いてみましょう。

 

【偏見】中正でない意見や、偏った見解。

 

あのー、

 

「偏見を持ってはいけない」って、典型的な「中生でない意見」なのではないしょうか?

 

「偏見をもってもよいし、もたなくてもよい。」というのが、本当の「偏見のない考え」なのではないでしょうか?

 

いや、これも言いすぎると「偏見」となるかもしれないので、もう少し深くみていきましょう。

 

そもそも偏見が「悪い」ものだと言われるのは、バスに乗ってきた人が「自分が操作できない特性」を判断・評価されて、乗車禁止になったことなどが原因になっています。

 

しかし、偏見そのものの意味は、「誰かを蔑む」だけではないのです。

 

他の人に受け入れられなかった「地動説」を、「偏見」と呼ぶ人が今いるのでしょうか?

 

偏見をもつなと諭すのは、究極を言えば「天動説を信じ続けていた時代に地動説をとなえてはいけない」という宗教裁判とイコールになってしまうのです。