心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

機嫌のいい時だけ話しかけるの、やめてもらっていいすか。

職場で、普段はブスッとしているブスみたいな人が、不意に優しく声をかけてくれるという場面があります。

 

それは、普段からあなたを叱責しているような人です。

 

「ブス」とは容姿のことではなく、態度のことを言っています。

 

その時、ブラックな職場で疲弊しているあなたは、その不意打ちに対してつい「優しい」と思ってしまいます。

 

気をつけて。そんなことないから。

 

別に女性でもいいですが、仮にその人が男性だとします。

 

あなたに対して急に気さくな態度でしゃべりかけてきたら、それは今までのあなたへの態度を猛省したり、心を入れ替えたりしたわけではありません。

 

その直前に、美人らしき女性と楽しく会話できた、ただの名残です。

 

よく、楽しくおしゃべりしていた二人が別れた後、数秒くらいその名残でニコニコしているのを見たことがあるかと思います。

 

これは、職場の場合はもう少し持続力があるので、数秒ではなく「次あるいは次の次の人と会話するまで」続きます。

 

つまり、あなたに対してまるで昔からの親友かのように接してきた人間がいるとしたら、

 

不幸なことに、ちょうどその前にきれいなお姉さんと話して香水の匂いにやられちゃってるだけなんです。

 

あしからず。

 

そういう会話フィールドに急に引き込まれたら、とりあえず合わせましょう。

 

心の中で、何を思ってもかまいませんよ。