心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

クイズ目線・レス・ミニマル

※これは、教育界の革命になるでしょう。

 

クイズ番組で、これ見よがしに難しそうな単語をピンポンと答える芸能人を見ると、私たちはそれがヤラセかどうかを考える前に、感動する傾向にあります。

 

なぜなら、「番組」の構造を分析する前に、そもそも自分たちが回答者として参加しているからです。

 

さて、ここで「クイズ番組回答者」がどのようなことを考えていて、それがいかに本質とはかけ離れているかを簡単に述べていきます。

 

例えば、間違い探しを動画版で出題するケース。

 

あなたは、間違いを探します。当然ですね。

 

間違い探しとは、「どこに間違いがあるのかわからない」から面白いです。

 

しかし、クイズ番組回答者は、

 

「どうせ後半にしか高得点が潜んでないのだから、前半はテキトーに誰かに取らせるか。」

 

と決め打ちしながらVTRを見ている可能性が非常に高いといえます。

 

もちろん、テレビ番組はスポンサーさんのためにあるので(×視聴者のため)、後半に300点分の間違いを置いておかないとCMまでひっぱれません。

 

「いきなり出てきたサルが持っているバナナが1本じゃなくて2本でした!はい最高点!」とはならない。

 

しかし、自然界にまだ解明されていないたくさんのものがあるとき、「道の前半には絶対にないな。」なんて探し方をする人間はいません。

 

最初から最後までくまなく探して、見つからずに肩を落として下を向いていたら、先ほどまでの観察眼が残っていて、帰り道に見つかる。これが勉強です。