心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

ケチケチ・レス・ミニマル

300円の牛丼に、生卵をのせてみたい。

 

けれど、卵は1パックで100円で買える店を知っているにも関わらず、ここで生卵を注文すると1個100円だ。

 

あなたは、ここで、「じゃあ、牛丼を持ち帰りにして、家に帰って冷蔵庫にある卵を割ってかけて食べよう」と思いますか?

 

これが、「ケチケチ」です。

 

もし、友達が「ねぇ生卵ってこんなに高いの?家で食べようよ」と言ったらどう思うでしょうか?

 

「ケチケチ」行為は、自分一人で生活するのには欠かせないものです。

 

ティッシュ代わりになるから、カフェにある紙ナプキンを5,6枚取って持ち帰るのが、「サバイバル」です。

 

しかし、私たちは、人間と関わりながら生きています。

 

「他人と一緒に生きていく」こと自体が、現代のサバイバルだということです。

 

自分が大切だと思っている人が、「目的地の駅は無人駅だから、この130円の入場券を一緒に買おうよ」なんて言い出した時、あなたはその人を叱るべきです。

 

「ケチケチ」とは、気づいていないケチです。

 

もう常習化しているのです。

 

「ケチケチすんなよ」と言われてイラつくのは、無自覚だったからです。

 

あの世にお金を持っていける人はいません。