心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

信頼は一瞬で失われる

すべての教師にとって最も必要なのは、「教壇に立っていない時の信頼関係」です。

 

右も左もわからない生徒たちにとって、教師の一挙手一投足は最大の関心事の一つです。

 

もしあなたが、忙しくしている時に生徒Aさんから挨拶され、なんとなく音声として認識しつつも無視してしまったとします。

 

その瞬間、生徒Aさんからの信頼は確実に失われます。

 

もう、その生徒Aさんがあなたに「主体的な挨拶」をすることはないでしょう。

 

あなたにとって、生徒とのコミュニケーションは「何百人のうちの一人」という認識になっていることが多いことでしょう。

 

育てる対象が複数あることによって、自然と「大事さが分散」するような感覚に陥ってしまうのです。

 

しかし、生徒一人一人にとって、教師一人とのコミュニケーションは「一対一」にほかなりません。

 

「毎日のように挨拶を返してやっているんだから、一回くらい無視したってどうってことない」とか吐いてしまう人もいるかもしれませんが、

 

むしろ逆です。

 

「毎日のように挨拶を返してくれていた教師からの無視」ほど、心が傷つくことはありません。

 

極端なことを言えば、「最初からその生徒を無視し続けていた方が、中途半端に対応するよりも、その生徒にとってはダメージが少ない」のです。

 

「大人は信用できないな」と学ぶ対象が、教師であるあなたであってはならないのです。