心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

行きたくないなら行かない。

「友達」からの誘いを断れないという人がいます。

 

私はそもそも「友達」の量が極端に少ないので、誘われることはほとんどありません。

 

よって、「友達」からの誘いを断れないのではなく、「誘いも断れないような友達」が多いのではないかと考えます。

 

ここでの「友達」とはもちろん、「一緒にいて楽しい人」です。

 

本来は、そのはずです。

 

しかし、休日が暇すぎるという「自分が原因の状態」を、他人のせいにして「誘われないのは友達がいないからだ」と錯覚するのです。

 

例えば、「本当は今日勉強したいのに、友達からの誘いが断れない」とき、それは完全に「断ったら相手に悪いから」という脳みそになっていません。

 

「断ったら、今後こちらにとって有益な対人関係にならない」という策略が自然と頭に浮上するのです。

 

自分のエゴに負けず、自制心をしっかりもってその誘いを断れるかどうか。これが肝要です。

 

もしこの習慣がついていなかったら、ついつい「断ったら嫌われるんじゃないか」という恐怖に苛まれて、行きたくもない場所にわざわざ交通費を投じることになりがちです。

 

たとえ友人から助けを求められても、「あ、そうなんだ」と聞き流して「私、用事があるから、NO」とはっきり断ることができます。

 

「下心」は、友人関係にも当てはまるということですね。