心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

仕事楽しむ・レス・ミニマル

(※これは、「仕事を楽しむためのステップ」です。)

 

多くの自己啓発本では、極端なほどに「仕事を楽しむ」ことが大事だと言われています。

 

その論拠は、「自分自身が仕事を楽しむことによって自然と笑顔になる。笑顔になることによって同僚やお客様が笑顔になる。よって売り上げも上がって一石二鳥である。」というものです。

 

ここで、賢い人は気づくと思います。

 

そんなに、自分発信ばっかりはできねぇぜ。

 

よく考えてみましょう。

 

最初に、アルバイトなり正社員なりで仕事を始めた時のあなたは、「自分発信」をたくさんしていたのではないでしょうか。

 

支持されていない仕事を率先してやってきたのではないでしょうか。

 

しかし、いつかの時点で、

 

あっ、真面目に頑張るのってバカみたいだな。

 

と「悟って」、腐っていったのではないでしょうか。

 

否、本人は「発酵してきた」と思っていたかと私は思います。

 

仕事を楽しもうと他人から言われて、「はいそうですか」と楽しめる人はいません。

 

仕事を楽しむためには、「楽しめる職場」を貪欲に探し求め続ける努力が必要だと私は思います。

 

これはとても重要なメッセージです。

 

私たちが勘違いしてはならないのは、「好きな仕事」は、人間関係ありきだということです。

 

教えるのが好きな人間がウツになるのは、「教えること」が原因ではなく「人間関係で著しく嫌な思いを継続的に受けてきたこと」が原因です。

 

仕事は、もはや楽しむものではありません。

 

楽しむという意識をしている時点で、「楽しくはない」ことが自身の中で明らかになっているからです。

 

微妙な言葉の違いだと思うかもしれませんが、「仕事が楽しい」のはその人の素の状態です。他方、「仕事を楽しむ」のはその人の行動です。

 

「楽しそうに働いているね」と言われるのが、本来の「仕事を楽しむ」であり、「楽しむ」は他者評価であることが大切だと私は思います。