心理学論文や人間関係的考え方を紹介!

2017.8.16~2020.8.31連続投稿(1,112日)。以降は不定期更新です。

空気を、あえて、読もう。

「空気を読む」ことは、最近のトレンドだと「ダサい」行動になりつつあります。

 

ひとと違うことを言ったり、集団から外れたりすると、その瞬間に「空気を読めよ」と同調圧力をかけるのが、日本人の(良いか悪いかは別としてですが)特徴です。

 

他方で、逆に空気を読みすぎて苦しんでいる人も一定数いるでしょう。

 

彼らは、集団から排斥されることこそありませんが、目に見えない空気を読みすぎて疲弊しています。

 

察するのが上手すぎて、「察する必要がないこと」にまで気を遣ってしまうのです。

 

他人の価値観や考え方を優先して、自分の言動を決めてばかりいると、たしかに思いどおりの人生を歩むことはできません。

 

周りの人の言動や感情に振り回されやすくなり、自分を見失ってしまうでしょう。

 

しかし、本当に、「目に見えない空気は吸うだけで十分」と言い切って良いのでしょうか?

 

私たちはついつい、「ラクな方向に」流れたくなる習性を持っています。

 

したがって、「今まで空気を読みすぎて疲れ果ててしまった人たち」にとって「空気を読むな」はありがたい言葉なのですが、「今まで空気を読むことを避けていた人たち」にとっては、単なる都合の良い言い訳に使われるということです。

 

空気を読まないという言葉を、「好きなことを好き勝手に言ってよい」と勘違いする人がいますが、大間違いです。

 

「空気を読む」という行為をしないだけなので、積極的に何かをするのではありません。

 

「自分がやりたくないことを、やらない」という考え方なのです。